人気ブログランキング |
<   2013年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
春のはじまりを告げる花
花つきのいいれんぎょうです。
詩人 高村光太郎がれんぎょうをこよなく愛したことから、
彼の命日は「連翹忌」と呼ばれるそうです。

太宰治は「桜桃忌」ですね。

おもいっきり直線だらけの枝の中から、いい線を見出しましたね!
れんぎょうの流れを造り出しました。
変形花器に一文字留めは上手くいかなかったですが、
れんぎょう、椿の分枝を上手に利用して直留め。
椿、ばっちりとまりました。見事でした。
中村草山先生の講習会の成果、出しましたネ!
椿の葉は難しかったでしょう。

春のはじまりを告げる花_c0165824_22201258.jpg春のはじまりを告げる花_c0165824_22204756.jpg
葉の整理をして、平面的なのでもっと連翹の枝を足し、奥行感、力強さを出します。
口元の椿は塊にしましょうか。









春のはじまりを告げる花_c0165824_22212010.jpg春のはじまりを告げる花_c0165824_2221536.jpg
椿の葉の塊の入れ方。これも流れを出しましょう。
椿の花のお顔も見たくなりますから、
後ろから見られてもいいように葉を入れましょう。
by komura_biju | 2013-02-07 22:47 |  レッスン
朝井リョウさん
 子供たちがみんな部活動を一生懸命やってたので、
「桐島、部活やめるってよ。」を読みたいと思ってました。朝井リョウさん_c0165824_10131931.jpg
映画にもなりましたね。
 あっという間に3番目も就職活動年。今度は、
「何者」に、とても興味が湧き、今、同時進行で2冊読み始めています。
 新刊は枕元に置いてすぐ寝てしまうのですが、
文庫本は持ち歩きやすいので読み進むスピードが少し早いですね。
同時進行読みもおもしろいことに気がつきました。
 「ベートーベンの、ん番と、ん番を一緒に演奏するような感じ?」

 「1Q84」を読むときは、「ノルウェイの森」、「海辺のカフカ」を読んでから
読み始めました。「1Q84」は寝ないであっという間に読んでしまいましたね。
超おもしろかったです。
 「ワーグナーの音を紡ぐような、音楽の作り方を楽しんでいくような読み方じゃない?」って言われたけど・・・

 東北の冬は読書に一番いい季節かも。
寒さ対策が面倒で出かける回数が減っっちゃうから。

 まだまだ厳寒の2月。
雪かきも体の手入れをしながら・・・・
今年の春は、ぎっくり腰にならないようにしなきゃ。
なんてったって新年のあいさつは
「健康で細く、長く」でしたからね!
by komura_biju | 2013-02-01 10:27 |  ● その他
かた雪
かた雪_c0165824_9381212.jpg


いったん溶けた雪が、夜に急激に冷え込んで凍ると
「かた雪」になります。
かた雪が出来るのは、冷たい強い風が吹く夜や
放射冷却現象が起きる、風がなく、
きれいに星空が見えるような夜の朝。
かた雪になると、雪がカチカチになり、
道具なしでも雪の上を歩けるようになります。

雪の上を自由自在に歩けるのです。

かた雪は太陽が上ると柔らかくなってしまうのです。
遠くの友人に「かた雪を見にどうぞ」と、その日に誘えないのが残念です。

(小林輝子 かた雪のころ・・・・より抜粋)

今朝も天気予報より凍(し)ばれたような気がしました。
外に出たら、手がジンジンと冷たくなりましたから。
by komura_biju | 2013-02-01 09:51 |  風景
千利休
千利休_c0165824_9332356.jpg


じゃぁ、どこの地点が10なのかって千利休さんに聞いたら、
今の場所がその人にとっての10なんだって。

つまり、カリキュラム4まで終わった人はとりあえずそこで10、
私は10どころかまだまだ5合目?3合目?
と、思っても、そこが10。
何度でもその地点から1に戻り稽古に励むのだそうです。(合掌)
by komura_biju | 2013-02-01 09:37 |  想い



 草月との出会い
  〜小村美寿の足跡〜

 作品紹介
 生け花スタジオ
 アクセス
 生け花レッスン案内
 フラワーワーク
 草 月

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
























 草月流一級師範
 顧問 小村 美寿
 青森県五戸町字熊ノ沢25-13
 TEL.0178-62-5122