人気ブログランキング |
<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ユトリロの配色のようだって・・・・・
ユトリロの配色のようだって・・・・・_c0165824_2047943.jpg


みちのくにも初雪が、、、
この写真を見せたら「ユトリロの配色のようですね。」って。

ユトリロの配色のようだって・・・・・_c0165824_20485915.jpg


ユトリロ・・・・調べてみました。いろんな表現の仕方がありますね~

さぁ、雪かきの始まりです!
by komura_biju | 2012-12-14 20:51 |  風景
花月
カメラに入りきらないぐらい満開!
花月_c0165824_10205919.jpg


あまりに見事な咲きっぷりなので、来客には見てもらっています。
重過ぎて、鉢を動かすのは大人3人ががかり。
おじさんからいただいた小さな鉢植えが、鉢を替えてったら大きな木になってしまいました。
12月の花のない時期に満開になるので毎年楽しみです。
コツは暑い夏の間も、寒くなっても5度ぐらいまでは外でほったらかしにして置くことかな・・?

頂き物のポニーテールももう23年。小さな鉢のまま成長を遂げて背が高くなってます。

10年前のハイビスカスも大きくなり毎年家の中に入れるのに大変。
でも、我が家の記念すべき10月7日。
ちょうど来客時5輪も真っ赤に咲いてくれました。
「青森でハイビスカスが外で咲いている!」とびっくりされました。
これも5度を下回るまでは外でほったらかし。
今は家の中でほっと一息いれているみたいで葉が青々としています。
by komura_biju | 2012-12-12 10:34 |  花材
ベアレンビール
あれれれっっ
まだ、ご覧になってない方、こちらをどうぞ
東海東京証券いけばな草月プレミアム美術展のニュース映像です。

ベアレンビール_c0165824_16146.jpg

人気のホットビール
ベアレンアップルラガー!
北上川を望むテラス席
by komura_biju | 2012-12-10 16:01 |  風景
クリスマスってキラキラしてウキウキ
ステキとしか言いようのないカラー。
今日の花材はもみの木もたっぷり
さんきらいも、銀色着色アスパラも
その中から作品構成を考え花材を選んでいく

リース、敷花、壁作品、盛花、投げ入れ、

先ずは「草」等のクリスマス作品例をコーヒーを飲みながら参考に

花器も青、ちょっと緑に心を奪われたみたいだけど、、、
相性がいいけど口が狭いこの花器に

クリスマスってキラキラしてウキウキ_c0165824_1005137.jpg

by komura_biju | 2012-12-07 10:02 |  レッスン
デンマーク刺繍
心のこもったプレゼント。
デンマークの刺しゅう糸でひと針、ひと針デザインを考えながら作ってくれた
ウエルカムボードです。
花糸が100種類もあるとか!びっくり。
出来る人って、ホントすごいと思います!

デンマーク刺繍_c0165824_21574069.jpg

実物は本当に暖かい風合いです。
by komura_biju | 2012-12-04 22:01 |  想い
川柳
五戸町在住の川柳作家、藤田雪魚先生。
米寿のお祝いを兼ねて句会があったそうです。
友達2人が月1回の句会で10句、ひねりだすために産みの苦しみを味わうそう。
3句ぐらいをようやく絞り出したとか。

「嵐にしやがれ」に出演なさった脳科学者の茂木先生曰く
「考えている時間が脳にいい。」とか、そんなことをおっしゃっていました。

言葉が出てこなくて、もどかしくて
思い出すまで頭の中の引き出しを探して
その言葉が出てきたときのうれしいこと!!
違う?あきらめずに考え続けることは脳にきっといいよ。
川柳でも生け花でも作品を作り上げるまでの過程が脳にきっといいよ。



「Tさんが一番いい賞「天位」をいただいたんだよ~」と、Eさん。
どんな句かというと

「花はさく」という曲からイメージして

「復興に 歌い続ける 応援歌」

なそうです。「うたいつづける。」というところに「う~んなるほど」と、思いました。

町の交通安全チャリティ大会でも町長さんが今年は「花はさく」を歌っていました。

川柳と俳句は又、別物ですが

森村誠一先生に草月いけばなの竹作品を拝見していただいて、

一句創作していただいたそうです。

すごい記念になることと思います!

川柳_c0165824_12201348.jpg

by komura_biju | 2012-12-04 10:36 |  想い
金髪の書家柿沼康二さん
この前の「こころゆさぶれ!先輩ROCKYOU」で
金髪の書家「柿沼康二」さんの意外だったこと。

なんかわからないけど、胸をうつ書をどーんと書いていらっしゃった。
スケールの大きさというか。
「うわぁーーー」って感じ。

で、毎日の練習はどうしているのかということを聞いたら、

ヘッドホンでロックを聴きながら

古典を毎日500枚書くんだそう。

「古典にすべてがある。」

な、そうです。

今年も「おもと」を生けたいと言われました。
別の生徒に
「今年はおもとやるけど基本でもいいし前にやったから、応用で自由にいけてもいいし。」
と、いったら
「いいえ、基本で。」とのこと。

基本立真型、第2応用、葉の向きによって逆勝手になるときもあるしね。
おもとだけでも「めでたいお正月」って感じになるし、
じゃのめ松、蝋梅、ぼけ、猫柳、笹竹、柳いろいろ組み合わせても。
楽しみです。

金髪の書家柿沼康二さん_c0165824_12184876.jpg

by komura_biju | 2012-12-04 10:12 |  想い



 草月との出会い
  〜小村美寿の足跡〜

 作品紹介
 生け花スタジオ
 アクセス
 生け花レッスン案内
 フラワーワーク
 草 月

カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
























 草月流一級師範
 顧問 小村 美寿
 青森県五戸町字熊ノ沢25-13
 TEL.0178-62-5122