<   2010年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
単純化の極
日本の芸術・文化は「省略の芸術」あるいは「余白の文化」であると言われています。
日本画や、俳句、和歌など、余白や省略部分には無限の内容が詰まっていて、
それを味わうのが日本の芸術に共通した特徴なそうです。
華道も日本古来からの文化です。
植物をぎりぎりまで省略した作品の
その緊張感の中に美を感じられる。
そんなテーマです。

c0165824_11594032.jpg


サザンカの枝の選び方、葉の整理の仕方。きれいです。
木苺の枝の線できれいな空間が生まれています。
Kさん紅葉した木苺の葉を残したくて
最後まで迷ってたけど、さきっぽじゃなかったからね;。;
[PR]
by komura_biju | 2010-11-26 12:08 |  レッスン
いよいよ第2応用
もう少しゆっくり確認すればよかったね。
第1ときて、第2。
基本型がいつも頭に入っていないとだめなんです。
真、副、控の長さを出すのはいつも同じ。
でも位置が変わるんです。
剣山に留めるという技術も回数が必要なんですね。
何度も確認しながらレッスンしましょう。
初心者に教えるときの私の反省です。
この花型はおもとをいけるときにもとてもきれいに仕上がります。
何度もやりましょう!
[PR]
by komura_biju | 2010-11-26 11:48 |  レッスン
枝物3種で
春の枝物は花がついてるのが結構あり作品構成もしやすいんだけど。
投げ入れでいけて。う~~ん。
盛り花にいけかえて。
器は丸?半月?迷って三角水盤に。
器の置き方を変えただけで流れが出ます。

c0165824_11392885.jpg

[PR]
by komura_biju | 2010-11-26 11:39 |  レッスン
面の構成 
葉物などを使って
c0165824_11303576.jpg

ドラセナへの着眼点はよかったんだけど
なかなかイメージどおりにはいかないね。
立体感を持たせながら面が迫ってくるような作品というテーマの勉強。
Mさん生けなおして納得できてよかったです。
[PR]
by komura_biju | 2010-11-26 11:34 |  レッスン
秋のあじさいの不思議な色!
いつも花との色合いを考えて花器をじっくり選ぶMさん
投げ入れはやっぱり難しいね。なんとか思い通りの位置に留めて;。;

c0165824_1123614.jpgc0165824_11245481.jpg

そのあと盛り花で。
なぜかみんな
困ったときに
この花器を使います。
Mさん、Kさん
くしゃみしてるかも!?
線とマッスでした。
[PR]
by komura_biju | 2010-11-26 11:29 |  レッスン
地域で守る食と健口
11月13日南部町の楽楽ホールで歯科・健康フォーラムin南部
「地域で守る食と健口」が開催されました。
内容は盛りだくさん!
各ブースでは歯にいい試食コーナー、歯の健康相談、介護口腔ケア用品展示、
アトラクションは名久井農業高校郷土芸能部の和太鼓。(かなり有名なそうです。)
良い歯の子の表彰、小西先生の講演、食生活をテーマにしたシンポジウム、
タレント伊奈かっぺいさんによる講演など。
三戸群歯科医師会として歯の健康を考えてもらう最大のイベント。

そのステージに舞台花を制作させていただきました。
和太鼓の振動で柿の実が落ちないか心配でしたが、大丈夫だったようです;。;

c0165824_10443127.jpg

c0165824_1043404.jpg

c0165824_10453394.jpg

c0165824_1144454.jpg

c0165824_115574.jpg


柿は南部町名産の干し柿に使う南部柿、テーマと地域に合わせて南部柿を使いました。
豊穣の和太鼓にも雰囲気が合ってたような気がいたします。
花の位置は舞台奥ですし、どうしても写真の光量が足りないのでご容赦を。
実物はちゃんと見えてたそうです。
(などと好きなことを言ってますが、広報担当の先生のおかげでベストショットの写真がアップできてます!あげ花もスタッフの方々にお世話になりました。ありがとうございました。)
実物はこんな感じ
c0165824_10492936.jpg

あとからもう少し雪柳を足しました。
舞台花も運搬を考えて極力水がこぼれないような工夫をしています。

ちなみに柿で骨格をいれただけの状態はこんな感じ

c0165824_12303023.jpgc0165824_12304887.jpg












c0165824_12311179.jpg

[PR]
by komura_biju | 2010-11-21 11:06 |  イベント
マッス
小さな花も集めることで不思議な見たこともない花にへんし~ん!

c0165824_1884398.jpg


ちょっといなかっぽい花もおしゃれな花に。
Mさん塊をつくる勉強でした。
[PR]
by komura_biju | 2010-11-20 18:09 |  レッスン
花器の形を考える
花器のどの面を正面にもってくるか。
コオリヤナギの線をいかすように
器の取っての部分の線も作品として一体化させるときれいになりました。

c0165824_1824025.jpg


器のこげ茶色と紫のアルストメリアの色のあわせをMさん独自の感性とこだわりでしあげました。
とてもシックで上品な雰囲気に仕上がりました。
[PR]
by komura_biju | 2010-11-20 18:06 |  レッスン
枝ものでいける
グリーンの杉、青もじと赤のサンゴミズキの色の対比がきれいでした。
青もじが伸びやかにはいってます。

c0165824_17572037.jpg


Kさんの集中力はスゴイです!!
でも、この位の大きさの作品であれば
長くても1時間半ぐらいでの制作を目標にしましょう。
手早くいけるという訓練もそろそろ大事です。
[PR]
by komura_biju | 2010-11-20 17:59 |  レッスン
楽しかったレッスン
生徒の皆様へ
今回のレッスンのアップは次回のレッスン日の週になると思います。
いつも熱心に観てくださってありがとうございます。
ときどき感想をいただきうれしいです。
日曜日に整理できるように頑張ります!!
弱り目に祟り目の日があろうとも
踏まれても立ち上がる雑草のように生きよう。
いつも前向きでいないといけないと思うと、息切れしちゃうから、
息抜きをし、おしゃべりを楽しみ笑うと、絶対心が軽くなる。
いろんなときがあるから。

別件ですが、M様、柿ありがとうございました。
[PR]
by komura_biju | 2010-11-11 21:39 |  レッスン



 草月との出会い
  〜小村美寿の足跡〜

 作品紹介
 生け花スタジオ
 アクセス
 生け花レッスン案内
 フラワーワーク
 草 月

カテゴリ
全体
庭花
 イベント
 風景
 花材
 レッスン
 レッスンの連絡
待合室
 家元研究科
 街ぶら
 展覧会
 健康
 コーラス
 スポーツ
 家元いけばなライブ
 想い
 研究会
 看板
 書籍
 ● Be-001
 ● Be-002
 ● Be-003
 ● その他
研修会
支部総会
制作体験
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
























 草月流一級師範
 顧問 小村 美寿
 青森県五戸町字熊ノ沢25-13
 TEL.0178-62-5122