<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
想定外!
私が思っていたよりみなさん
すごい緊張感を持って社中の研究会に臨んでいただきました。
花選びももちろん、自作の花器をいかしながらの構成、よく研究してました。
今まで学んだカリキュラムの復習もしながら、
自宅で下生けして本番に臨んだ人も。
ちゃんと実力がついてる。

先ずは「同系色で色をいける」を主なテーマに11種類の花材を
調和させて作品に仕上げたKさん。
濃い緑の器からマッスにしたアスパラの色への移行が気持ちいい。
庭に生えていたアスパラも役にたちました。
独創的で面白い作品ですよねぇ~

c0165824_15392848.jpg


アレカヤシの使い方は昨年の「メロス展」を思い出しますね。
効いてる。
シンフォリカルボスの枝の曲線も。

Mさんは「テーマは晩秋です。」と、言うので
わくわくしながら作品の出来上がりを待ちました。
考えてきた構成通りに投げ入れの花器につるうめもどきが止まらない。
まだ習っていない床面を使い始めた。
臨機応変が素晴らしいなぁ。
あとで聞いたら「メロス展のときに床も使っていいんだとわかったから・・・」だって。
1年も前のことだけど、しっかり覚えていたんだ。
器は茶色の面を表にして。
十文字留めが上手!!

c0165824_15593442.jpg


つるうめもどきの流れる線を活かすように枝の引き算。
日本料理屋さんとかにおいたらお料理がおいしくいただけそう^0^
四方のテーブルのお客さんから眺められる良い作品。

仕事を終え子供を連れながら8時30頃来てくれたYさん。
個性の強い器のダークグリーンの面を表に。
「花器の色合いに合わせた花材を選んできました。」と。
他の花材の組み合わせのおかげで
一輪のガーベラの色が引き立っています。

c0165824_16142020.jpg


剣山の位置を変えてよかった。
シンプルだけど、花器との一体感のある作品。
レッスン回数もまだ数えるほど。
よく仕上げました。


ホントにみんな果敢に挑戦してくれました。
お疲れ様でした。
満点こえて110点です!
大変だったと思うけど、一番勉強になったと思います。
一人で考え一人で生けた作品です。
昨年の作品同様、自分の分身のような宝物になったと思います。
「花やさんに、『今晩のおかず1品減りますね。』って言われちゃった。
作品構成を考えながら花の予算を組むって大変なんですね。」と笑いながらの感想も。

さぁ、今度は県民文化祭があります。c0165824_16553237.jpg
人のことを批評するのは簡単。
でも、まず自分もやってみてから言ってみて。
同じことは言えなくなるから。
自分が苦労した後だと、
作品の見方も変わってくると思います。
作品は観る人によって
自由に感じてもらうのですが、
私は作品の空間に「祈り」を込めて
制作したいと思っています。
シンプルな作品になると思います。
どうぞごゆっくりご覧ください。
[PR]
by komura_biju | 2010-10-23 16:50 |  研究会
同系色でいける
c0165824_1526979.jpg花器の色ともあいまってピンクのグラデーションがきれい。
簡単そうにみえてやってみるとけっこう悩みますね。
ガラスの花器もつるつるするし
器の形もあり止まってほしいところで
とどまってくれないし。
でもあえてこの器にしたMIさん。
投げ入れは勉強になるよ~
[PR]
by komura_biju | 2010-10-20 20:12 |  レッスン
美寿フラワーアート研究会
10月21日(木)   美寿フラワーアートレッスン室にて

社中研究会テーマc0165824_10114721.jpg

「自作花器にいける自由花」

皆が自分の作った花器の特徴をよくみて、
どんな花材を組み合わせて作品構成するのか
とても楽しみです。

自作ガラス花器を作った時も自由花をいけ、
発表する機会に恵まれました。
ひとつひとつ経験することで成長しますよね。

(私自身も自分の今の段階の力量で精いっぱいの作品をつくることが大事なことだと思っています。
経験に勝るものはないでしょうけど、荒削りでもその年代、年代でのエネルギーのある作品ってあると思います。指摘されることや失敗を恐れないで。よりよい作品にするために指摘してくれる先生、スーパーバイザーがいるんだよね。客観的に本気で助言してくれる人がいるって幸せなことと私は実感しています。)

c0165824_10112538.jpg

さぁ、この中にかえるが隠れています。わかるかな?
[PR]
by komura_biju | 2010-10-16 10:20 |  研究会
つるものでいける
つるうめもどきのすてきな線のどこをいかしていけるのか。
c0165824_16393912.jpg

まず、Kさんの花器選びで成功ですよね。
花器の色の出し方も。
流れるつるの線を下に下げたくなりがちだけど、
あえて上方で展開。
同系色のダリアがこれまたいい!
葉のグリーンも効いているし。
つるうめもどきがあばれてエネルギーを感じさせてる。

さぁ次回は社中研究会
「自作花器にいける自由花」
自分で作った花器の特徴をよく見、作品構成を考え
花屋さんに足を運び自分で花を組み合わせる。
「花がありすぎて選べなかった。」という感想もうなずけます。

これを少しづずつでもやっていくと、草月の目指す
「あなただけにしか生けられない花」がいけられるようになりますよ。
あなただけの感性を磨きましょ。
[PR]
by komura_biju | 2010-10-15 16:56 |  レッスン
直線と曲線の構成
直線、曲線と学んできて
さぁ、今度はひとつの作品の中にどちらの要素も入れる!
c0165824_16345212.jpg

MIさんの言いたいことがはっきりしている力強い作品!
花器の特徴も生きてる。
平面的な作品にならないよう、こおり柳を後ろにもいれ立体感を出しています。。
[PR]
by komura_biju | 2010-10-15 16:37 |  レッスン
花もの2種でいける
花ものだけでいけるって結構難しい。
枝ものがあると骨格がきまりやすいから。
カリキュラム4では素材の追求に入っていきます。
花材が少ないのでひとつひとつをじっくり見、
花の部分だけじゃなく葉、茎をどう作品の中にいかすか、
Mさんとても考えましたね。
c0165824_1625244.jpg

株分けが活き下の部分の空間が気持ちいいし、
溜めたポロニアのカーブと白薔薇の直線が効いた。
バラの葉のグリーンもきれいでした。
上の部分のバラの葉は整理してもよかったね・・・

カリキュラム3で学んだことがバッチリ!
[PR]
by komura_biju | 2010-10-15 16:31 |  レッスン
清潔な香りのハーモニー
どんだけ種類があるんでしょうね!?
少しオレンジがかったハーモニー

c0165824_1024460.jpg    薄いピンク、濃いピンクと微妙な色の違いが楽しい。

c0165824_1032172.jpg











汗をかきながら土づくりから頑張るOさんに脱帽!
[PR]
by komura_biju | 2010-10-09 10:11 |  花材
芳しい香りがただよってきそうでしょ!
毎年咲くんでしょうけど、
毎年感動する金木犀!
c0165824_20581099.jpgc0165824_20583029.jpg











手に携え持ってきてくれるMさんの顔も輝いているし^0^
自然が与えてくれる恵みに感謝。
あ り が と う!
[PR]
by komura_biju | 2010-10-08 21:01 |  花材
まぜざし
c0165824_10383520.jpg

ブルーレースの曲線と吾亦紅の直線を対比させながら
風が流れるように上手にまとめたまぜざし。
そう!
わからないときはとりあえず教科書通りまねていけてみる。
それも習得方法のひとつ。
でも、教科書通りじゃなく自分で素材をみつめて独創的な作品を作る。
これこそ草月ですよね。
Kさん、テキスト4にはいったら変わってきましたね~^0^
[PR]
by komura_biju | 2010-10-08 10:43 |  レッスン
サンゴミズキとのバトル!
植物素材のいろんな要素の中から曲線をテーマに作品を作る。
今回は溜めるという技術を使い曲線を作る工夫をしましたね。
MIさんの最初の構成はグッドでした。花器の曲線の部分もとりこんで自由奔放に
サンゴミズキが曲線を描いてとってもおもしろい作品になるところでした。
投入にも挑戦し、枝の止め方の勉強にもなりました。
裏はすごいことになってます。
(もちろん!孔雀草を従枝にいれ後ろからみてもきれいに生けてありますが)

いかんせん、植物の生命エネルギーのほうが強かったですね。
テキストのきれいなカーブを描いた曲線の素晴らしさがわかります。
すっごくいいレッスンができました。
c0165824_103527.jpg

[PR]
by komura_biju | 2010-10-08 10:36 |  レッスン



 草月との出会い
  〜小村美寿の足跡〜

 作品紹介
 生け花スタジオ
 アクセス
 生け花レッスン案内
 フラワーワーク
 草 月

カテゴリ
全体
庭花
 イベント
 風景
 花材
 レッスン
 レッスンの連絡
待合室
 家元研究科
 街ぶら
 展覧会
 健康
 コーラス
 スポーツ
 家元いけばなライブ
 想い
 研究会
 看板
 書籍
 ● Be-001
 ● Be-002
 ● Be-003
 ● その他
研修会
支部総会
制作体験
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
























 草月流一級師範
 顧問 小村 美寿
 青森県五戸町字熊ノ沢25-13
 TEL.0178-62-5122